宮崎グルメ「辛麺」

数あるご当地グルメのなかでも、最近他県へ進出目覚ましい宮崎「辛麺」。どんな由来で、どんな美味しさをを案内します。

サイトトップ > テレビでも紹介されて、一躍知名度アップ

スポンサードリンク

宮崎グルメ「辛麺」

テレビでも紹介されて、一躍知名度アップ


宮崎でも超メジャーに支持されていたわけではない「辛麺」ですが、“爆笑問題”のバラエティ番組で「現地に行っても食べたいご当地グルメ」の4位に輝いて一躍全国的にその名が知られるようになりました。


テレビにつられて、はるばる九州は宮崎まで食べに行ったひとも少なくはないはず。宮崎の「辛麺」は“郷土料理らしき”ラーメンで、その発祥はある支那そば屋(なかにはウチが元祖だ!と誇る店もあるでしょうけど)。そのネーミングからすると、“坦々麺風?”ともいま流行りの“韓流ラーメン?”とも連想されがち。


ですが、一度食べてごらんなさい! 誰もがびっくりするはずです。まるで見たことも食べたこともない、正真正銘の宮崎オリジナル麺なんです。辛さはふつう5段階から選べ、店によってはゼロ倍~スーパー激辛まで段階も用意。


値段も辛さアップにつれ、3段階で約¥50ずつ上がっていきます。味はというと、麺がラーメンではなく冷麺の麺のようにコシがあり、ラー油・唐辛子を主体としたとろみスープを卵でとじてあり、ニンニクも利いています。初体験のこの味は、自分で試すのがいちばん!


宮崎グルメ「辛麺」

MENU



スポンサードリンク